育成方針


「個」の力を育てます。

 

目先の勝利の為ではなく将来を見据えて、1人1人が魅力的な表現のできる個人になっておくことを大切にします。将来的に活躍し成長を続けられる力を育みます。


【サッカー選手として】

駆け引きができる

 相手の逆をとれる選手は体の大きさや足の速さに関係なく優位にプレーできます。相手と駆け引きしながらプレーできる選手を目指します。

 

イメージを実現できるボールテクニック(技術)

 ボールを自由に扱うことができればプレーの幅が広がります。そしてサッカーをより楽しむ事ができます。ボールを自由自在に扱える選手を目指します。

 

自ら考え主体的にプレーできる

 指示待ちでは相手を攻略することは難しく、サッカーを楽しむ事が出来ません。状況を把握し相手にとって嫌なプレーや味方が助かるプレーを判断・実行できる選手を目指します。

 

【人として】

本気になり学ぶ

 何事も本気で向き合うことで多くの事を学ぶことができ、自分自身の財産になります。結果や実力どうこうではなく好きなサッカーと本気で向き合い取り組めるよう促します。そこから人生を楽しむ力・社会を生きぬく力を身に付けてほしいと願っています。

 

明るく前向き

 明るい姿や前向きな姿勢は、自分はもちろん周りにも良い影響を与えることができます。何事にも明るく前向きにチャレンジできる心を育てます。

 

自ら考え主体的に行動できる

 子どもから大人になっていくうえで自律していく事が大切です。自ら周りの人のためになること、自分のためになることを考え行動できる心を育てます。