ジオーレ大阪の考え方

 ジオーレ大阪に興味を持っていただきありがとうございます。理由は様々かと思いますが、


子どもの

「サッカーがしたい!」「うまくなりたい!」

親御さんの

「子どものやりたいことを応援してあげたい」「子どもの成長のために」


という想いがあっての事だと思います。

そんな想いをサポートするのがジオーレ大阪です。

 

トップページで挙げた『3つの個の力』を磨くための考え方・取り組みをご紹介いたします。 

成功よりも成長を

一人一人が魅力ある人材になるために重要なのは、

 

成功(結果)よりも、成長を目的に積み重ねることです。

 

サッカーで言えば育成年代は目先の勝ち負けよりも、個々がたくさんの成功や失敗から学び、サッカー選手また人として成長することです。

 

ジオーレ大阪の子ども達に目先の結果は求めません。成長に繋がるチャレンジができるようサポートします。

 

自律を目指す

社会で生きぬくには、自ら考え行動できる「自律」が必要です。それには小学生・中学生年代、またそれ以前からの積み重ねが大切です。

 

積み重ねるのは、自ら考え行動し経験することです。

 

サッカーでは大人が考え決めたプレーや戦い方を子ども達が実行するのではなく、子ども達自身がサッカーのルールや原理原則を学びながらどうすれば良いか考えチャレンジすることが大切です。

 

与えられた経験は身に付きません。

自分でやってみて得た経験は蓄積され財産になります。

 

その経験が「自律」に繋がります。

 

ジオーレ大阪ではサッカーチームとしてサッカーの技術はもちろん、生きていくために必要な考え方や心を育成します。

 

本気だから力(財産)になる

近年、就職活動中の学生達からよく聞く言葉が「自分が何をしたいのかわからない」です。

学力の高い学生達も就職先はあるものの、自分の夢や目標がないためどの職に就きたいかわからず、就職してもすぐに辞めてしまうようです。

 

ジオーレ大阪はサッカーチームである以上、子ども達に持ってもらいたい夢はプロサッカー選手(トップ)です。

 

「プロサッカー選手になりたい!」「もっとうまくなりたい!」

と子ども達自身がサッカーに対して【本気】になれるようにサポートしていきます。

 

それは本気だから身に付くもの、見えるものがあるからです。

 

夢が叶うかどうかはわかりません。

重要なのは本気になれる夢を見つけ、その夢の実現のために努力することです。

 

その努力から得たものは人としての財産となり、社会を生きぬく力になります。

本気の人には本気の仲間が集まり、その仲間が多くの事を学ばせてくれ一生モノの仲間になります。

 

子ども達自身が何かに本気になった時、私たち大人の想像をはるかに超える成長を見せてくれるでしょう。